スナックのママさんの保証人になった時が大変でした

知り合いのスナックのママさんは、スナックの経営者で、お客様の来店が少ない中で私に保証人になってくれる事を懇願しました。一旦は私は保証人を断ったが、数年のお付き合いなので、結果的にスナックのママさんの保証人になりました。スナックのママさんは経営をしている時に、数百万円もの借金を抱えていて、保証人である私に借金を肩代わりしてくれることをお願いされました。結局は貯金から借金を切り崩したものの、私もお金が無くなって生活に困っていました。スナックの経営に関して、家賃や商品の仕入れ代などを私が肩代わりしていて大変だったが、知り合いであるママさんが病気を患って、お店を閉めたので、私が保証する必要がなくなったことで、借金の件は解決しました。消費者金融 審査 通過しやすい

大事な友人にお金を借りて返済が大変だった。

地元に親友が居て、携帯代やその他の支払のお金が足りなかった為、3万円を借りました。

いつ返すとか明確な予定は立ててなく、普通に忘れる一歩手前まで生活していました。

あるとき朝起きたら友人から4回の電話が掛かってきており、折り返し電話したら、お金を返してほしいとの事、ちょうど食材の買い溜めと遊びで使うように30000円だけ残して置いたのですが、友人から電話が掛かってきたので、返しました。

ホントにすっからかんになり、小銭が800円ほどしかありませんでした。低いのが正義!?金利の低いフリーローンのランキング フリーローン 金利比較


バイトのお給料が入るのがあと11日後安く食べられて腹もちの良い食べ物を検索しました。湯豆腐にポンズとごまだれを掛けてたべたり、半額の白滝を鳥ガラスープでアレンジしてラーメンを作ったりしました。

大事な友人でしたので、あの時返しといて良かったなと。

金の切れ目は縁の切れ目と言いますからね

友人の保証人になってしまい、恐れている生活を

友人が会社を立ち上げたいという話をしてきました。私は適当に相槌を打っているだけだったのですが、急に保証人になってほしいという話をしてきたのです。そんなこと言われてもできるわけがないということを言ったのですが、絶対返すからということを約束したので、やむを得ず保証人になることにしました。
オリックス銀行の評判 ~ 一番使い勝手の良いカードローン会社はココだ!

正直自分が返済することになれば、友人に対して厳しい対応をするつもりです。今のところ順調に返済しているという話があり、自分が支払いの対象となっている状態ではありません。ただ何時返済が自分に降りかかってくるのか、非常に怖い状態を続けているのも確かです。何とかして返済だけは済ませてほしいので、友人には頑張ってほしいと思います。

実母が無一文になり子ども達にお金を要求する

実母は自分の名義で所有のマンションで暮らし貯金もたくさん持っているはずでした。
お金のかかる引越しも多目的ローンで乗り切ろう!

すべて亡き父が頑張ったからです。実母は以前から浪費グセがあり心配していましたが、とうとう貯金を使い果たしたからと、たびたび「お金を貸してくれ」と言ってくるようになりました。私(娘)と兄(息子)に交互に要求してきます。私たちは家族も持っているので実母の要求には応えることはできません。また、実母は家を所有しているので生活保護も受けられません。とうとう実母はマンションを売り払って、公団住宅へ引っ越しました。引越し代も子どもたちに要求しましたが、「無理」と言うと親戚から借りたようでした。借りたお金はマンションを売ったお金で返済したようです。その後、さらにマンションを売ったお金も使い果たしたようで、この先が心配です。

お金が原因で、心の病になりました

借金を抱えているのに、失業してしまって、なかなか仕事が決まらない、というような状況が長く続きました。

今は借金の返済は続いていますが、失業はしていないので、少しは復活しているかもしれません。

しかし、最後まで残るのは、心に受けたトラウマのような、心の傷です。

心の病と言ってもよいかもしれません。

借金の返済に追われて、餓死するのではないかと何度思ったかしれません。

そのような過酷な状況出会った状態から抜け出して、普通の食生活に戻りました。キャッシング 収入証明


しかし、その時に受けた傷はいまだに治っていません。

このお金によって受けた心の傷は、来年治していくことを目標としています。

お金は人間が作ったものですが、これに振り回されて生きている人が多いのも事実です。

実際、私もそのうちの一人でした。

今後はお金の奴隷にならないように生きて行くのが、今後の課題です。

自営の売り上げが下がり気が付けば100万円の借入に。

自営業をしていますが売上がおもわしくなく、銀行からも融資が受けられないので銀行系のローンを利用しました。審査の時に売上の事なども聞かれましたがあくまでも生活費用として利用することで借入ができました。しかし生活資金としてどんどん借り入れてしまい、来月になれば何とか返せるだろうという安易な考えがあったため、2社からの借り入れで100円まで増えてしまいました。今は何とか自営を盛り返してきていますが、毎月の返済に追われています。借りる金額と共に返済額も増えてしまいますので初めのうちは金利だけを払っている感じで大変でした。まだ半分以上返済が残っていますが、今の売上が安定する訳ではないので不安との戦いが今後も続いていくと思います。多重債務 一本化

服を全部捨てて一枚だけ上下残したときに…

一人暮らしの時に、私は持ち物に溢れていて、それがとてもうざかったから、きちがいみたいにあった物たちを全部処分したことがあって、大きなゴミ袋に3袋くらい、洋服とかハンカチとか、あと大きいぬいぐるみも捨てました。

とにかくワンルームは、家財道具と家電と新聞だけになってくれて、とてもスッキリしました。

その時、私はキレてたんだろうと思います。

母親がたくさん衣類も買って与えるのが好きで、たいして好みでもない(どちらかというと嫌いな方の服を)嫌と言うほど買って帰り、死ぬほどくれていて、私たちはそこに反発を相当覚えていました。

有り難くなかった、ということです。

そこで、たまりにたまった鬱憤を晴らすため、これらを全て処分するという暴挙に出たのです。

そして、セーターと、スカート一枚残し、後は全て捨てました。
ローンの審査が通らないといってあきらめないでください。このサイトでは審査のとき注意すべき点などを整理してみました。 ローン審査が通らない理由

洋服ダンスはガラガラになりました。

しかし…しばらく立つと、そこにだんだんまた物が増え出し始めたんです。

そんなに買ってもいなくても、ホントに、どこでどうなるのか、増えだしていくんです。

そして、気がついた時には、また、洋服は5着になり、10着になり、タンスいっぱいになりました。

この時に私は何かを悟りました。

その人の宿命的な「備わる量がある」んだと…そのため、貧乏にしても、また、すぐに元の有る程度の量に戻るので、これを何回か繰り返してみたら、ホントに貧乏が続いて仕方ないような人は、その量こそがかわいそうだけど、「その人に備わった量」、という結論に至ったわけです。

このページの先頭へ